ろっぷ
メンバー「ちりちゃん」の相棒。
·
レッサーパンダの男の子。名前の由来は五臓六腑。お腹にチャックがついていて、文房具をはじめ色々と大事なものがしまわれています。 お腹に何か入っていないと不安になってしまうそう。
·
メンバーによって生み出されたキャラクターたちが暮らす空想世界「ビジュツブ村」では、元気いっぱいなみんなのムードメーカー的存在です。
きんぐぺんぎん

じつは、キングペンギン(【学名】Aptenodytes patagonicus)ではなかったりする。
仲間とはぐれてふらふらしていたらぴったりの大きさの王冠と王笏もふもふのついたマントをみつけきんぐぺんぎんとなった。日本の暑さは結構つらい。羽の色や目の形から、アデリーペンギンとも思われるがはたして…?
·
最近、「おうのいげん」を身に着けようといろいろ頑張っている。
.
「おうさま学」にのっとって、高いところに行こうとするけれど、飛べないこともあいまって、高いところは苦手みたい。
.
ときどき故郷のことを思い出す。

きんぐぺんぎんを探しに来ている仲間たちは初めてのことに興味津々。 いろんなものに手を出して、捜索は進んでいるような進んでいないような。 意外と近くですれ違っているかも。

特技は、おうさま業(目下勉強中)。
「おうのいげん」をもった、重厚で威圧感のある性格(と思っている)。
実際のところ、マイペースで、仲間とはぐれても気にしない。人が困っているのは見逃せない、兄貴肌な一面も。
好きな食べ物は「おさかな」。はぐれているときにいろいろ食べたけど、かにかまが一番お気に入り。

新しいことを知るために、よくお散歩している。
どこへ行くかはあまり決めていないのでよく迷子になる。
マイペースなのであまり気にしていない。
仲間とはぐれたのもこれが原因。

たまごぞく
たまごの形をした、触ると弾力があってモチモチな生きもの。 遠い宇宙のたまごぞく星からはるばる地球へ遊びに来た、ちょっと臆病だけれどやさしい心の持ち主。
·
生活のいたるところ…たとえばあなたの家の庭の、鉢植えの陰とか…にこっそりいます。 さがしてみてください。 ほら、今あなたの足元に!踏まないでね。

·

大きさは個体によって様々ですが、成長してもヒトのひざくらいの高さです。
小さい頃は親にくっついて列をつくって行動するけれど、徐々にひとりで遠くまで遊びに行くようになります。 ただ、大きい犬に追いかけ回されて涙目で帰ってくることもしばしば。
·
とんでもなく感情が高ぶったり、辛すぎる目に遭ったりするとたまごぞくの表面を覆っている柔らかい殻にパキパキとひびが入ってしまいます。 そのようなときは柔らかい布団にくるんで,おいしいものを食べさせて、慰めてあげてください。 時間はかかるけれど,ゆっくりと元のつるーんとしたたまごぞくに戻っていきます。

最近判明したことですが、「たまご語」という独特の言語で意思疎通を図るそう。 ビジュツブ村のみんなには伝わっているらしいのだけれど、わたしたちにはまだ分からない言葉です。
かっぱ

かっぱと言えば「お皿」、といじられ過ぎて嫌気を通り過ぎこのワードが認識できなくなった不思議な生き物。
水辺に住んでいる。
平均身長100cm。

特技
お裁縫。コートやズボンの裾上げは自分でやっている。
·
性格
鬱陶しいほど仁義にあつく涙脆い。
·
趣味
人から感謝されること。
生まれた日
かっぱの間では誕生日が気になりだした日を「自分が生まれた日」としている。 このかっぱはまだ誕生日を気にしていないので、誕生日がない。
·
生活習慣
水場があればどんな場所でもそこで体を洗うので、かっぱたちの家にはお風呂がない。 そもそもお湯に浸かると火傷してしまい一大事。

好きな食べ物
おつまみが好きで基本なんでも食べる。
つぶ貝のやつが最近のお気に入り。
.
嫌いな食べ物
きゅうり。
とにかく行く先々で出される。
実家で食べ過ぎてもう見たくない。
.
嗜好品
お酒🍶
.
最近ショックをうけたこと
ラーメン屋「げん」に行ったら閉店していた。
週7顔を出すほど常連だったのに、閉店を知らされていなかったのがショック…

なめくじら
基本的には紙の中を生きる、「らくがき」という存在。
大きさという概念が薄い。 ときに なめくじよりも小さく、くじらよりも大きい。
·
世界中のあらゆる紙の中で確認できるが、だいたい枠に収まっていないので、その姿を捉えることは難しい。 
紙の中に塩分のイメージをつくってあげることで、縮んだ姿を描くことができる。
·
紙の世界は、真っさらな状態では重さや上下というものも無いらしく、そこを自在に動きまわるのが好き。 重力の描かれた紙では、泳いだり、這ったりできる。

長く音や声を持っていなかったけれど、最近、ちりちゃんによってエセカンサイベン(似非関西弁)を習得した。
嬉しくて色んな紙の住人を訪ねては話しかけて楽しんでいる模様。

ちりたまらっぱきんぐのテーマ

movie|ちりたまらっぱきんぐ
music|もふもふ工房